続’2013年 愛しのナイロン花バック!

th_P1014070.jpg



愛しのナイロンお花バックがやっとひとつだけ仕上がりました。
ほんとにやっと。
去年のゴールデンウイーク 鎌倉のイベント用に作りはじめ
リピートオーダーをお願いしてから、ストップしてさらに半年以上。
一年前に作ってくれた人は続けて編んでくれず、
幻のバックになってしまいそうでした。

なぜ そんなにも作ってくれる人がいないアイテムなのか?

このバックへの想いを書いた記事を読んで頂いてから、
この続きを読んでもらえるとうれしいです。

愛しのナイロン花バック















................................

改めて、時が経ったことを感じます。
私がベトナムに住み始めた97年には、市場の花形商品としてざくざく売られていた。
ざくざくです。
あれは一体何だったんだろうね。
当時の私が今の値段を見たら、
私が一番びっくりするけど、ベトナムだって止まってられないのかもしれない。
それ以外、気持ちの落ち着きどころがありません。


先日、編んでくれることになったおばちゃんに会った時、
手が痛い!と何度も連呼されました。

わかってます。

それをお客さんに伝えるから、
私は理解しているので続けてください...と言っても、
イタイんだよイタイんだよと繰り返すおばちゃん。
そうやって作る行程のタイヘンさをアピールするおばちゃんは、
同時に値段が高くなったことの意味をアピールしているのです。


前回よりさらに値段が大幅にアップしないと作ってもらえないこと。
大量にオーダーしたからといって 値切れるアイテムでなくなってしまったこと。
まだサンプルをひとつ完成させたばかりな状態でこれだけ主張してくること。
合わせて考えると、
この先どこまで編んでくれるのか そのことの方が気がかりなのです。
できることなら、編んでくれる人がいるうちに100個でもストックキープしたいけど、
私の懐状態では不可能。

はい。
私もリスクがあるオーダーとなりました。
でも、ムカシは...という概念のままでなく、現状を受け入れ
堂々と売ることにしました。


高いベトナム雑貨です。
だからこそ、
ぜったい好き な人のところで側に置いてもらえたらと思います。




もしかしたら、しばらくは続けて作業をしてくれるかもしれないし、
もしかしたら、今回限りかもしれない。
ほんとに なんとも分からない状況。
ぶっちゃけ 懐が豊になったおばさんしだいで、
将来は今回より 安く販売できるかもしれませんし、
今より倍になってるかもしれない。
ホントに このバックのゆくえがわからないので、
ひとつのタームとして、
”今”の状況で販売することを 理解して頂けたらと思います。





いわゆる貧しい頃のイメージがあるベトナムのかわいい雑貨たちは、
ガイコクジンが手を加え 変化させることが容易な素材のプラかご以外は、
老若男女問わず、ほとんどの人が過去の物として捉えているのが現状です。


ナイロン花バックは 私の中のベトナムのひとつ。 
だから余計にこのバックが好きなのかもしれません。





読んでくれて ありがとう。
vidu mayu.








関連記事

Tag:商品紹介  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

vidu

Author:vidu
vidu*ヴィズ
TEL: 84 90 3000 701
mayuponta2008@yahoo.co.jP

*8月6日~8月13日までのお知らせ*
viduLung* 8A/6c2THAI VAN LUNG Q1
営業日 昼:火、水、金11:30~14:00(L.O13:30)
夜:火、水、金18:30~21:00(L.O20:30)
定休日:木、土&日曜日

viduQ2* no14,duong38,THAO DIEN Q2
営業日 週末土&日のみ営業11:30~15:00(L.O 14:00)


休みはたまに変動する時があります。
ごめんね。

*TU XUONG店は閉店しました*

おすすめ商品


帽子2012


eco bag
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
QRコード
QR